FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロンティアモニターについて

フロンティアモニターについて、もう少し詳しく紹介したいと思います。

IMG_6085.jpg

実をいうと眺めるだけのモニターだと思っていました。

実際にはモニターにUSB端子が装備されており、USBメモリにフロンティアサーバーの情報を移して持ち帰ることができたのです。

USBメモリをPCにつないでアップロードすると、HEMSでデータ管理出来るようになります。

このことは知らなかったので、ちょっと嬉しかったです。

USBメモリへのデータ転送は簡単
IMG_6058.jpg

データ移行中 10秒とかかりません。
IMG_6108.jpg

フロンティアサーバーは現地に固定されていますが、モニターは現地に固定しもよいし、持ち帰ってもよいです。

注意点はフロンティアサーバーの電波の届く範囲(無線通信の場合)でないとモニターは使えないという点です。

サーバーもモニターも防水ではないので、野立ての場合は専用のボックスが必要になります。

私は、湿気で壊れたり盗難が心配なのでモニターは持ち帰っています。


 その他の特徴

メモリ機能はありません。サーバーの中身を通信によって表示しているだけです。

サーバーのデータをメモリする事ができないため、無線の届く範囲でなければ使用できません。

サーバーとは無線通信ですが、瞬間発電は約1秒間隔でリアルタイム表示されます。

サーバーに記録されているデータが総発電データなので、モニタに表示されるのも総発電量データのみとなり、パワコン個別の確認はできません。

USBを使う場合、サーバーのデータが消えないうちにデータを移行する必要があります。(サーバーをネットにつないでいる場合は不要です。)

サーバーの記憶期間は最大180日ですが、解説書によると3ヶ月を目安にデータを移行することを勧めています。

データをDLしたUSBを差した状態なら現地を離れても見ることができそうな気がしますが、残念ながら使えませんでした。

・・・USBを差してたら表示されるとよいのになあ。

バッテリーは内蔵されていません。現地にACコンセントが必要です。


持ち帰ってデータをHEMSにULしたんですが、時間ごとの最大瞬間発電量が全然違う・・・発電量は同じなのになぜだろう。

たとえば現地でモニターを眺めていると、一瞬50kwを越えたりするんですが、HEMS上では43とか44kw程度で45kwを越えることはほとんどありません。 補正されてるらしいです。


このモニター、家庭用の太陽光発電(余剰売電)を前提とした作りになっています。

家庭用は売った電気、買った電気を比較してどのくらい得したなどを表示してくれますが、

全量売電である産業用にとってそんな機能は不要です。

さらに、瞬間最大値をランキング化するチャンピオンデータも表示されません。

発電量の棒グラフは表示されますが、どういうわけか瞬間発電の折れ線グラフは表示されません。

メイン画面には 常に” ホームサーバーをインターネットに接続すると天気予報が表示されます ” と表示され消すことができません。

家庭用の流用のくせに家庭用モニターはモデルチェンジして、産業用のカタログにはそのまま載っています。

なんか在庫処分みたいな扱いですね。



インターネットに接続すれば天気予報云々~は消すこともできない。
IMG_6112.jpg
瞬間最大の折れ線グラフは表示されません。 

ただHEMSにULすると折れ線グラフは表示されます。


産業用は真ん中の画像で利用することになります。 左右の画像は余剰売電の時に利用する画面です。
IMG_6113.jpg




私は通信環境を準備していないので、データDLのためにこのモニターが必要なんですが、表示装置としてだけ見た場合ちょっと微妙です。

メモリすることもできない、バッテリーは内蔵されてないでは使い勝手がよいとはいえないです。

機能に至っては、家庭用の一部をオマケ程度に使えるようにしたもの?とも思える機能しかありません。

物足りない面はHEMSが補ってくれますが。

現地へ定期的に行けるなら週ごと、日ごとの発電量の確認のためによいとは思います。

もし新規で取り付けされる方はコスト面とかよく検討したほうがよいでしょう。

新規ならモニターよりもフロンティアサーバーと予備コンセントを付けておけば後々融通がききます。

付けてみて、これだけしかできないの?なんてガッカリしないよう業者やメーカーに問い合わせておくことをお勧めします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。