FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発電量の確認方法2

今回は発電データの記録収集と表示装置、インターネット上でデータ管理するフロンティアモニター-ホームエネルギーモニタリングサービス(HEMS)についてです。


名称未設定-7
 左が表示装置のフロンティアモニター   右がデータ収集装置のフロンティアサーバー

この二つは必ずしも必要ではありません。オプションです。

ネットなどの通信環境があればフロンティアサーバーのみでよく、フロンティアモニターは必ずしも必要ありません。

私はこの2つを取り付けてもらいましたが、現地にネットなどの通信環境はありません。

ネットにつながっていなくてもフロンティアモニターを介してデータを抜き出し、アップロードすることでHEMSを利用できます。



4 データ収集装置 フロンティアサーバー  (機器有料オプション)

メインブレーカー附近で流れる電気を検知し、発電データを収集します。

蓄積されるのは総発電データで、パワコンごとのデータは録ることができません。

またネット機器やフロンティアモニターにデータを送信する機能があります。

インターネットにつなぎたい場合は必ず必要となります。

ネットにつなげばホームエネルギーモニタリングサービス(HEMS) と連係でき、

リアルタイムでモニタリング出来るようになります。

IMG_6092.jpg

外から見るとアンテナや端子等、全くないのでなんの装置だかさっぱり分かりません。

画像はカバーをあけたところです。中には、

USBスロット×2  LAN×1  RS232? らしき端子が装備されています。

他にマイクロSDカード(ミニSDかも)、 薄型電池が見えます。

USBスロットは2つとも埋まっていました。

一つはピカピカ光っていたのでフロンティアモニターへリアルタイム送信しているんだと思います。

電源はブレーカからとられていました。


データは最大180日分蓄積され、古い順から新しいデータが上書きされていきます。

ネットにつながっていればHEMSにデータを送信してくれるので管理するための特別な操作は不要。

このサーバーからフロンティアモニターへのデータ送信は無線です。

見てのとおりただの箱なので、発電状況を直接確認することはできません。



5 表示装置 フロンティアモニター   (機器有料オプション)

発電データを”現地”で表示する装置です。

サーバーから無線でデータが送られ、リアルタイムで瞬間発電量を表示します。
IMG_6050.jpg

このモニターはフロンティアサーバーがなければ使用することが出来ません。

サーバーからの無線が届く範囲でなくては使えません。 LANケーブルで接続できるのかな?

あくまでフロンティアサーバーからのデータを表示するだけです。

総発電データのみでパワコンごとの監視はできません。

表示される内容は瞬間発電量や、日、週、月、年の累計発電量です。

USBスロットとLANが装備されています。

USBスロットにUSBメモリを差してデータをダウンロードする機能があり、

持ち帰って自宅のPCからHEMSへアップロードすることでネット上でデータ管理が可能になります。

このフロンティアモニターはちょっと微妙なんすよねー。

家庭用の余剰売電を前提とした作りになっていて、不要または使えない機能があります。

で、発電量の確認という点では、便利ではあるものの異常を見つけるためのものではないですね。

パワコンごとの発電量ではなく総発電量の確認ですから。


このモニターについては話が長くなるので、詳しくは別記事で書こうと思います。



6 ホームエネルギーモニタリングサービス(HEMS) (無料サービス)

ソーラーフロンティア提供の、発電データをインターネット上で管理するツールです。


名称未設定-2

このサービスを利用するには以下の環境が必要です。

 a フロンティアサーバー + インターネット環境(現地に引く)

 b フロンティアサーバー + フロンティアモニター + USBメモリ + 自宅PCまたはモバイルPC

私はbです。

このサービスは家庭用と産業用に区別されていています。

利用するには申込みをしてアクセス権を取得しなくてはなりません。

家庭用はSFサイトからログインできますが、産業用へのアクセスは厳格です。

申請はSFの施行店を通して申し込まなくてはなりません。

パネルやパワコン、フロンティアサーバー等の出荷データと照合しているものと思われます。

より正確なデータを集めるためでしょう。

申込みしてもすぐにはアドレスはおろか、ID及びパスワードも発行されません。私の場合9日ほどかかりました。

発行された1つのアドレスで複数の発電所を管理できます。

私の発電所は1箇所だけなので、画像が1つ出ています。(フロンティアサーバーの画像)

私の発電所はネットにつながっていないので、現地でUSBメモリへデータを吸い出す必要があります。

現地のフロンティアサーバーがネットなどの通信環境につながっていればリアルタイムで発電状況を確認できます。

画像を見てのとおり、ネットにつながっていないので現在の総出力、本日の総発電量は0になっています。

私はUSBからアップロードすることになるのですが、データが反映されるのに1時間~3時間もかかります。

フロンティアモニターで表示できないいくつかのデータが、このサービスを利用することで可能になります。

はっきりいって機能は多くありません。

日、月、年の総発電量一覧とグラフ、1時間ごとの最大瞬間発電量です。

他の地域や他のユーザーの発電所の状況などは公開されておらず、あくまでも自分の発電所のみの管理/閲覧となります。

発電量の確認には便利ですね。 グラフや一覧表にしてくれますので。さらに時間ごとの最大瞬間発電量も分かります。





私はサーバー、モニター両方を付けましたが、業者によると野立て発電所でモニターの注文は初めてだったそうです。

両方付けないか、付けるとするならサーバーまでで、あとはお客側で通信環境を準備していたそうです。

たしかにモニターは家庭用の流用で使えない機能はあるし、現地で発電状況をじっと眺めるなんてことはあんまりしないでしょうから不要かもしれません。

しかしモニターにUSBメモリをつないでデータを持ち帰りる方法があるので、そこは便利です。



これまで発電量の確認方法を考えてみましたが、どれも決定打とまではいかないですね。パワコンごとの発電量が調べられるとよいのですが、一台一台定期的にチェックするのはちょっとめんどくさいです。フロンティアモニターとHEMSは面白いけど総発電量ですからね。

3年くらいは毎月パワコン一台一台の電力を記録しておこうかな。パワコンごとの発電低下を調べるために。

あとDLも必要だけど、現地に行くきっかけと思えばいいか。


サーバーもモニターも必ずしも必要ではないんですが、予算があるなら付けても悪くはないと思います。

二つ合わせて機器代は8万か9万くらいです。

結構高いですが、産業用の太陽光発電のコストは下がっているし、細かい単価よりも総額で決めるほうがいいと思います。 

私はこれを付けてもらったうえで、総額指し値で契約しました。(´・Д・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

抑制もなく順調のようですね!
こんばんは
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/coltop/15/118183/041900029/?P=3 

 上記のようなUSB型で格安SIMを使えるものがあるのでフロンチアサーバーかモニターのどちらかに差せれば給電もOKですし手軽に現地にネット環境が準備できるのではないでしょうか?
(私もこれから設置する茨城の案件で、遠隔監視用のネット環境をどうしようかどうしようか悩んでいます。 パワコンがSMAなので現地にネット環境さえ準備できれば、SMAのサニーポータルで高い機材を設置することなく遠隔監視可能なので。。。)
 
 PS.電圧抑制は、季節がよくなり、エアコン等が稼働しなくる春や秋に起きやすいので季節および工場等の年末年始や夏休みのような長期休業など近隣施設の電気需要が減少するタイミングに注意が必要です。
No title
トリプルGさん 遅くなってすみません。先週から出かけていて今帰って来ました。
格安SIMというのは名前しか聞いたことないんですが、携帯キャリアを利用するのかな。格安ってところに惹かれますね。
ネット環境について調べてみたのですが、田舎過ぎて安いプロバイダはサービス地域外でした。でも私の場合、発電量の確認よりカメラ監視に重点を置きたいと思っているんです。カメラも4台は付けたいのですが、データ量的に光回線でないと難しいのかも・・・ほとんど知識がないので、夢に終わる可能性のほうが高いかもしれないです。
さらに9月に入って晴れた日は4日と先が思いやられる状況でして、コスト的にも無理かな~なんて諦めかけてるところです。
No title
こんばんは

 FREETELのSIMなら最低料金の299円税抜き(私の静岡県伊東の太陽光はこの価格だけでシャープの無料監視システムで運用しています)。

 カメラ4台で、現地での録画はカメラ本体のSDに録画するなりして、遠隔から見る場合にだけ、リアルタイム動画データを送信するよう設定出来れば、カメラの解像度にもよりますがおそらく1カ月3ギガ程度ではないかと思います。
(スマホやパソコンからアクセスしたときだけリアルタイムで見る感じ)

 その場合、通信利用料は1千円~2千円で監視できると思います。

 ※監視カメラのデータ送信がなければ、299~500円/月で 済むはずです
No title
トリプルGさん
格安SIMというのは携帯のような基本料とかスマホはなくてもいいんですかか?
教えていただいたモバイルルーターというのに差すだけで使えるなら、データ量に制限があっても魅力ですね。
先日、コストコに行ってきたんですが、カメラ4台+1THDDで5万くらいでした。
店員さんによるとスマホでも確認できるということだったので使えそうな気がしたんですが、説明の半分も理解出来なかったです。外国製で説明書がかなり大雑把なので特殊な使い方は苦労するみたいなこと言ってました。
肝心の通信設定が私には無理かも。
でもコンセントとサーバーを付けていてよかったです。あとでどうにでもなるでしょうから。
No title
こんばんは

 格安シムの場合、購入時に2,000円程度の事務手数料を取られますが、あとはデータ容量に応じた契約月額のみです。

 FREETELの場合、299円(100MB/月)で、オーバー分は自動的にその月だけ適用されるギガバイトごとに数段階料金があり、いちいち契約手続きをしないで利用でき(1ギガ~10ギガまで)ます。

 ゼロシムは、500MB/月まで料金¥0なのでカメラのないパワコンデータ監視には結構使われている方がいます。
No title
トリプルGさん
おかげさまでSIMとはどんなものなのか理解だきそうです。不思議なくらい安いですね。そんなに安いのならデータ監視だけ遠隔にして、カメラは現地録画でいいかもしれません。かなり現時的な気がします。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。