FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見積もりが出てきた2

宮崎は雨ばっかり。 6月に入って完全晴天の日って無いんじゃないかな。
ayataiikujan.jpg
雨の降り方が激しいです。 昼間なのに夕暮れ時みたい。


ふと、一度だけ仕事を頼んだ電気工事屋さんの事を思い出しました。
いつか書いた親子の電気工事屋さんではありません。

仕事を頼んだのは一度きりだったため、すっかり忘れていました。
5年くらい前かな、社長さんの顔も思い出せないくらい。

電話してみると、多くはないけど50kw未満の工事ならやったことがあると言います。
というわけで 6/25水 事務所を訪問。

こちらは住宅などの配線工事を主にやっていて、太陽光は積極的にやっているわけではないようです。

従業員は5、6人じゃないかな。電気屋さんは一人オヤカタとか多いんですね。大きな仕事があると仲間を集めて工事することが慣例なんですよね。 電気/設備業界って横のつながりがあって、小さい会社でも大きい仕事を請け負えたりします。

この業者さんなら、大きくもなく小さくもない。ちょうどいい規模ですね。

やはり直接会って話せると打ち合わせが密に出来ますね。
やっぱりネット見積もりは当てにならない。


ソーラーフロンティアを希望したのですが、やはり取り扱っていないようです。
話によると宮崎でSFの設置件数は多くないそうです。
価格と、低発電のイメージが潜在意識としてあるんです。
ちょっと調べれば価格の割には悪くない性能なんですが、イメージが固定してしまってるんですね。
でも、何とか出来ないか聞いてみるとのことでした。

メーカーの認定を受けた業者でないとダメなら、SFはもうあきらめるか。

話によると、都市部の太陽光設置メーカーから下請け依頼が、時々あるそうです。
すべて断っているそうです。 よく分からない相手と取引したくないとか。

やっぱりなという感じです。
要するにインターネットで獲得した仕事を、地元の業者に投げるんですね。
地元の業者を探しまくってるみたいです。 安い業者をね。

そんならはじめっから地元の業者に頼んだ方がマシです。

一番気になるのはメンテなんですよね。 
得体の知れない業者はいつ会社をたたむか分かりません。
中には市場が縮小したらいつでも手を引く準備をしているとか。
別会社として立ち上げた太陽光専門会社なんか特に危ないですね。

地元の業者、しかも知った業者ならいい加減な対応はしないでしょう。
それに何人かの電気工をかかえてるから、緊急時の対応も素早いかもしれません。

故障しても1週間後に点検訪問、修理はさらに1週間後とか、十分あり得ます。
やはり小回りのきく地元の業者さんが理想ですね。

地元でも前回の○○○商事のようなおそらく丸投げであろう業者もダメですね。

代々やっている地元の中堅電気屋さんが理想じゃないかな。

自分の住所/連絡先、現地の住所と印鑑が必要だそうです。
敷地の状況も出来るだけ正確に伝えた方がいいですね。
僕は敷地図があったので持参しました。 パネルの割り付けができないと見積もり出せませんよね。


この時点でこの業者に気持ちは傾いていました。見積もりも出ていないのに(*´Д`)


翌日はネット見積もり2社目の打ち合わせです。また次回。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。