連係 - 送電が始まった

前々日にメーターやCT?と呼ばれる機器の取り付けを終えていた。

この作業は電気工2名と誘導員1名で半日かかっていた。



そして翌々日のこの日、幹線をつないだ。いよいよ連係だ。
IMG_5927.jpg

作業は8:30に開始。電気工2名と誘導員1名で1時間半で終了。

メーターを見ると0でないのはなぜだろう。50KWhくらいになってる。

このぶんはサービスしてくれるのかなw



連係工事と平行して太陽光業者(元請け)の担当者がせわしく作業してる。

できるだけ連係と同時にパワコンを作動させたいのだろう。

2名で集合ボックスのブレーカーを入れたり、パワーコンディショナーのカバーをはずしてなにやら設定をしている。

フロンティアサーバーとフロンティアモニターと呼ばれる機器の設定についてもサービスセンターとやりとりしていた。

設定はなかなか面倒なようだ。



この太陽光業者は工事そのものを下請けに丸投げしていてちょっと心配していた。

工事関係でよくあるのが、「あとはちゃんとやっといてね」とプイといなくなってしまうこと。

事が起きてから下請けを叱ったり、責任を押しつけることもある。

でも心配なかった。工事中は現場に常駐し指示を出していた。

もとはリフォームの会社なのだけど、この監督さん、会社の命令で電気工事士の資格をとったそうだ。

専門業者のほうが詳しいはず、でもこの監督さんは要点はちゃんと押さえているようだ。

私の疑問に対しても正確かつ分かりやすく説明してくれることが多かった。

おそらく太陽光の経験が豊富なんだと思う。

私に対しても下請けに対しても、一定の距離感があるのがいい。

始め不安だったけど、今ではこの業者この担当者でよかったと思っている。

まあ工事のクオリティについては素人なのでよく分からないけど。

なにしろ値切ったからねえw



連係を開始したのは10:00ころ。 フロンティアモニターで確認した。



取扱説明書をどっさり受け取り、簡単な説明を受けた。

一度に説明されても頭に入らないので、不明な点はソーラーフロンティアかこの業者に聞こう。

この監督さんも時々点検にきてくれるそうだ。 初めのうちだろうけど有り難い。

保証書は後日受け取ることになっている。



全ての作業は午前中に終了。世間話をしたあと皆帰って行った。

私はしばらくフロンティアモニターをニヤニヤしながら眺めていた。

曇りだというのに。


よーやくはじまったわい。 いろいろあったねえ。

正直感動は少ない。それより疲れたね。 

返済もあることだし順調に発電してくれるといいなあ。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title
売電開始おめでとうございます!!
いろいろな困難の末よくここまでたどり着けました!(⇒ドラクエの王様か...)きっといまはこの2年間のご苦労からのちょっとした燃え尽き感だと思います。今はしばしの休息時です。

 冗談はさておき、私のところも監視装置がついているのは、静岡伊東の別荘屋根上の発電所だけです。(ぎりぎり10KW超)、なので、群馬にある発電所は、東京浅草からバイクや軽自動車で数時間かけて草むしりや、パワコンチェックに年2回ほど行っています。
実家のある埼玉は、アパート屋根上(20kw弱)設備なのですが、こちらも遠隔監視装置はなく、現地のモニターのみです。(売電開始後すぐに一度ブレーカー箇所の接点工事不良でショートしたものの、は草刈りの心配もなく一番楽ちんです。)その代り実家の草むしりが待っていますが...(笑)

 この後は太陽光としては最後の投資として、27円案件ですが茨城に80kw弱の過積載設備を予定しています。
 
 太陽光男さんも、きっと売電が順調に進み、かつ上振れなどしてくると、次第にもう一基...なんて気持ちが湧いてきたりするかもしれませんね!!
 

 
No title
トリプルGさん いつも書き込みありがとうございます。
そんな遠いところに発電所お持ちなんですか。年2回で済むとはよほど対策を考えて作られたんですね。

聞いた話なんですが、建物の上に全量売電の太陽光を載せられるといろんな面ですごくよいと聞きました。地元の不動産業者が大家さん相手に太陽光の仲介に走り回ってるんだとか。

実は予算を無理して過積載も考えたんです。でも九電に出向いて尋ねたら増設と見なして買い取りを下げるといわれてしまいました。
業者は容量-パワコン>太陽光でしかやらないと言うし、ソーラーフロンティアは補償外になるかもしれないと脅すし(笑)
結局は予算がギリギリだったので諦めましたけど。

私は32円なんですが、50Kw規模で上がる利益はちょっと微妙なんですよね。あと20~30Kwあればなあなんてことを考えるんですが、現実は厳しくて。

宮崎は九電の保留の件で身動きの取れない個人がかなりいるようです。
知人が造成までしたのに負担金の回答がいまだにないと嘆いています。複数分割したのがまずかったようで、他にも36円物件を買わないかと突然問い合わせがあったのですが、とんでもなく高価で。

基礎と架台を自分で工夫すれば20円を下回ってもいけると考えてます。3年くらいしたらまた考えようかな。
No title
太陽光男さん

 私の設備は、全設備東電管内なのですが、増設を希望された際の、九電の言う(パワコン容量変更ないのに)買い取り価格変更というのは解せませんね。
(パネルだけ追加なら軽微変更手続きでで変わらないはずなのに。。。)

 屋根上は、賃貸物件で設置スペースがあるならおすすめなのは確かです、2階の部屋の、夏の室温がすごく下がります。(冬は暖かいし)、加えて+1室増えた以上の売電収入が得られるのですから、やらない手はありません。
(別荘はよく維持管理費が、所有の阻害要因となりますが、太陽光を設置してしまえば、物件自らそれを稼ぎ出してくれますし、設備チェック・影を作りそうな木の伐採等々の傍ら訪れれば経費としても計上も色々...)

 あと20~30kwでしたら、土地付き分譲がこの秋から冬にかけて結構投げ売りがあると思います。私は距離的な部分であきらめていますが九州で結構いいなぁと思える案件が出ています。(エコスタイル等々の分譲会社)

 太陽光男さんがサラリーマンであるなら、アプラス等の信販利用(2千万くらい利率2.2%~2.6%・担保なし・自然災害補償保険10年込)+現設備の消費税還付などで、十分狙えると思います。
No title
トリプルGさん
正確には増設した分のFITがその時の価格になるという説明でした。その時の感触は過積載は認めてないけど見て見ぬふりのようでした。
また頼んだ業者は社内基準で過積載は不可でやったとしても1割以下、さらに50k越えはやらないという事でした。
見積りした他の業者は、思い切り並べましょう とやる気満々でしたが、金額が合わなかったです。
実をいうと依頼した業者が金銭的に相当頑張ってくれたんです。なので言うとおりにした次第です(笑)(ネット上の相場よりもかなり安かった)SFの見積もりを持って来た別の業者はあり得ないと即白旗でした。

もし可能なら3年後に増設とか考えてるんですが・・・新しい土地を買ってまでは難しいですね。

私は自営業でして、融資の相談も九電保留にかかったころ、突然銀行から別な担保要求があったのです。太陽光への融資を厳しくしたようでした。それまでは売電収入を担保にするだけによいという条件だったのに。
実は、疲れた と言うのは半分以上が資金についてだったりしますwww

管理者のみに表示

トラックバック