THE 負担金 その1

久しぶりになってしまいました。ブログの更新て本当に大変ですわ。
暇なときはいくらでも文章書けるんですが、別のことでかまってられません。



それにしても雨が多いなあ。6月は晴れたの1日くらい?
梅雨の中休みはないし、期間もやけに長い。 過去の梅雨とは違いますね。
こういう最悪の事態も勘定に入れとかないとなあ。



さて、待ちに待った負担金の提示はずいぶん前に受け取ってます。

太陽光設置業者の下請け業者が申請を代行しているのですが、まずこの業者に届きました。

私はコピーをもらいました。


ちなみに負担金の提示を受け取りましたが、実際に進めるかは未定です。



1枚目

○○ ○○ 様  ←私の名前     平成27年4月24日

 工事負担金のお知らせ

平成26年6月19日にお申し込みいただきました~(略)
  ~下記の通り工事費負担金が発生しますので通知いたします。
後は下記の口座にお振り込みいただきますようお願い申し上げます。

1 ご請求金額    - - - 円   税込み

2 振り込み口座  ○○銀行

3 その他   工事負担金ご入金確認後、外線工事に着手いたしますので、
         ご入金後は下記までご連絡いただきますようお願い申し上げます。

4 連絡先   九州電力株式会社 宮崎営業所 営業グループ 太陽光担当
         TEL0985-29-7854 FAX0985-26-9066



だいたいこんな感じの文面でした。


私宛になってるけど、まず最初に業者に届きました。
業者が私の委任状を作って申請したのかも。

日付は4/24日になってるけど私の都合が悪くて、受け取ったのは連休明けの5月上旬でした。
不覚にも正確な日時を記録してなかったよ。

去年の6/19に申請したことになってるけど、実際はトラブルが重なり正確な申請受理日は
不明です。 だから申請から何ヶ月目で負担金が出たのか分かりません。


負担金を払うと、こちら側の工事が始まっていなくても、九電側の工事は着手することもある~
それは窓口で聞いていました。

私の予定設備は前ルールのままなので、FIT価格は32円で変わりなく、
負担金の支払い期限も発電開始の期限もありません。

だからはっきり決めてから払えばよいワケです。払ってしまうと外線工事に入る可能性が高い。
工事をやってしまったら、太陽光発電を中止しても返金されません。
工事に入っていなければ返金されるそうです。

ただどこでルールが変わってしまうか分からないので注意が必要。
取り消されたら大変ですからね。

今後は、いかに認定済み未施工の物件を取り消すか、に重点が移ってくるのでは。

制度の激変はあり得るから危ないと思ったらすぐに負担金の振り込まないといけません。
だからお金の準備はしておかないと。


2枚目の 工事内訳 は疲れたので次回にします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

お互い頑張りましょう
1月に負担金が出て、その後、農転の許可が出て、8月中に50キロが完成します。負担金は新設の電柱が3本あり200万を超えていましたが、抑制もないので勢いで進めました。
してよかったと思うのは、借金を全額返済したであろう10年後の分かるのではないでしょうか。
No title
長崎からさん
遅くなってすみません 
三本で200万円ですか、やはりかなりの金額ですね。でも50kwでほんとに良かったですね。私のところはそこまでかかりませんでしたが予想より高かったです・・・
自前の土地なのが救いですが、総額はそれなりの額になるのでまだ迷っています。
私の場合返済は8年くらいで考えてるんですが、今度の梅雨を考えるとシミュレーションを厳しめにみといたほうがいいかも、やっぱり最悪10年も覚悟しとくべきかもしれません。

管理者のみに表示

トラックバック