FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連携拒否か?噂であって欲しい・・・

太陽光設置業者から連絡が来た。

もう連携費用が判明したのか?と思いきや、雲行きが怪しいとの事だった。



沖縄で連携拒否がはじまったらしい。
九州も近々そうなりそうだと言うことだった。

パネルメーカーなど規模の大きい企業にすでに漏れ伝わっているらしく衝撃が広がっているらしい。

連携拒否は50Kw以上の大規模なものだけではなく、10Kw以上全てが対象となる可能性が高く、しかも九州電力に申し込んでいる物件も含まれるらしい。

経産省からIDをもらい、九電に連携費用の申請をしていてもダメらしい。
いまから急いで申し込んでも無駄と言うことだ。

連携費用が提示された段階で切るのか、連携費用を払っいる段階で切るのかは分からない。

連携拒否の詳しい内容は分からないけど、近々発表されるかもしれないという。

業者はそんな事態もあり得る事を伝えたくて連絡してくれたのだった。
ショックを和らげたかったようだ。
口調では絶望的なニュアンスが伝わってくる。


仮に拒否であったたしても延期とか一時的とかならよいのだけど・・・


前回、前々回記事にした太陽光業者の決起集会が引き金だったのでは?
九電としてはトラブルを避けるため、全てを拒否する気なのかも知れない。
集会が全く逆の結果になってしまった?

噂であって欲しいが・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

げっ、まぢか〜‼︎
分譲物も、もう買えないかも?ですね❗️
No title
すし太郎さん
わざわざ業者が連絡してきたのが不思議なんですよね。九電に確認してから電話してこいと言いたかったです。

週明けに確認するよう依頼しましたが、不安なので直接九電の窓口に行ってみます。ローンとか準備があるのではっきりしないと困るので。

ただ、いずれ分譲とか規模とか異業種参入などは網がかかるんじゃないですかね。
No title
九州電力管内です。分譲型に申し込んだとき、九電から許可がおりなくて、業者さんが困っていました。あわてて別の県のものに申し込みましたが、こちらは工事が始まっています。県によって対応が違うんでしょうかね。
分譲地一括販売の広告が出てますから、もう分譲型は無理かもと思っています。
No title
宮崎で規模の大きな施設は無理みたいです。仮に50kw未満に区切っても。

分譲というのも数が多ければ大規模と見なすのかもしれないですね。送電網の増強は一緒なんでしょうから。

結局需給のバランスに見合う送電網の能力次第なんでしょう。

今日九電に行ってきたんですが、窓口に同じ境遇の人がいて話し込んでしまいました。お互い九電に何を言っても無駄という感じでした。
No title
こんにちは、高橋です。
50kw以下は離島など以外はまだあまり聞きませんが、そろそろ始まってもおかしくないですね~

逆潮流で連係費用が高額になるケースは増えているようです。
No title
高橋さん
月曜に九電に行ったのですが、その話は出ませんでしたが、噂ではなく本当のようです。ある会社の話だと、九州電力は先に業界に根回ししているとのことでした。

おそらく50kw以上ではなく、10Kw以上のいわゆる産業用の「申請中の分も」含んで一旦切るらしいです。

月曜日に通達が回る予定だったそうですが、川内原発の稼働問題などと絡めて時期を見極めてるんじゃないでしょうか?

しかし九州電力の言い分も分かります。
次々に発電所が出来たら増強の増強とかになるので、一気にキャパを上げたいでしょう。無理ないとも思います。

今後は規模を絞るとか、異業種参入を認めないとかしないとこのジレンマは延々とループするでしょうね。
No title
いつもブログ拝見しております。当方今年中に完成予定の家に10キロ程度の太陽光設置予定ですが、それも無理って感じですかね?不安です。
No title
家庭用(余剰電力売電)は優先されるみたいです。売電専用だと厳しくなるようです。ですが規模が小さければ申請していれば進める場合もあるかもとも言ってました。送電網の増強の必要がなければ大丈夫かもしれません。
締め切るラインもまだ流動的だそうですし、同じ九州でも地域さらに、予定地周辺の状況もあるみたいです。九電としては産業用は全部やめたいみたいですが、国とかと交渉してるのかも知れませんね。
No title
大分県ですが、金曜日50KW×2基工事中の業者より、たぶん10月より九州電力は10KW以上の全量買い取りは中止になりますと言われました。中国電力も同じ話が出ているようです。

現在経済産業省と折衝中との事です。

来月50KW×5基着工予定の業者(親しい友人です)に確認したところそういう話があるようです。
ただ両社とも九電が受け付けた分は大丈夫との事です。






No title
アーサーさん情報ありがとうございます。
やはり宮崎だけではないようですね。もう切るラインをどこにするか交渉している段階なんでしょうね。

しかしものは考えようですね。

もし九州電力が国と交渉して、送電網の増強分を国の施策として取り組んでくれたら連係費用が下がるかもしれないし、国も買いとり価格を延長する事も考えられるんじゃないでしょうか? 連係できないのに買いとり価格を下げたら国に批判が向いてしまいますよね。

それに20年買いとり価格のスタートが先に伸びるのは複数計画している人には良いことだと思います。

どれも希望的観測ですけどね。

国は多様なエネルギー源の確保を狙って巨額の予算を組んでますがその一部が送電網の増強に使われると良いですね。


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。