FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工法観察1

太陽光を検討するようになって、あちこち走り回って観察している。

とにかく太陽光発電が多い。中心部からそう離れていない場所でだ。
おかげでいくらでも観察できる。

半径3キロ~4㎞の散歩コースでもこれだけ見かける。 全部見たわけじゃ無いけど、見た施設の3倍はあるんじゃなかろうか。


<1>
R1110705.jpg
地面にコンクリートの束石がでんと置いてある。かなり大きい。でも骨組みはきしゃだなあ。
地中に埋め込みじゃないから、将来撤退するときは楽そうだけど。
よく見ると筋交いが互い違いになってる。 この筋交いのおかげで下に入りにくい。
草刈り機が入らない。パネルの下は除草剤使うしかなさそうだ。
でも除草剤使いすぎると土が流れたりするんだよね。道路とか側溝に流れると厄介なんだよね。

<2>
R1110709a.jpg
これが圧巻、 櫓を組んでパネルを敷き詰めてる。これが三つも並んでる。
遠くから見ると何かの屋根だと思ってら太陽光パネルだった。

<3>
R1110711.jpg
<2>の骨組み。 鉄骨だけどやっぱり細い。 
これはホームセンターなんかでよく見かける組み立て式物置のようだ。パワーコンディショナーが入ってるんだろう。窓はなく締め切ってるけど熱もったりしないのだろうか。
浮かせてるのは地中配線のメンテナンスのためかな。

<4>
R1110714.jpg
ここもかなりの規模だ。足場用の鋼管だ。錆びてたり塗料が剥げてる。
中古のパイプを流用したんだろう。 安上がりだろうけど20年これで大丈夫なんだろうか。
すでにパネルが波打ってるし・・・地べたなりに建てたのかな。
横に通した根がらみが歩きにくそう。当然車も通れない。いやバイブの中に電線を通してるようだ。

<5>
R1110716.jpg
きれいに整地してあるけど、シートの上に再生コンクリートを敷いてるのか。よそで砂利代わりに使ったことがある。
なるほど、これならシートは飛ばないし草も生えない。しかしちょっとした雨でも水たまりになりそうだ。

<6>
R1110719.jpg
駐車場になってる!こいつあ~いいや(*´∀`*)
パネルの隙間から落ちた水滴で地面がえぐれてる。 雨が落ちなくできないのかな。
でも日よけになるだけでもいいよなあ。 炎天下の車中って辛いから。
ちょっと覗いたら東芝のパネルだった。確か東芝が一番高いと聞いたんだけど、お金持ちなのかな。
柱も桁もちょっと大きめ、しかし基礎は小さいなあ、地中は大きいのかもしれないけど。
 
<7>なんとこれ個人経営だそうだ。
R1110722.jpg
ざっと数えると4×40枚が20列もある! 一枚のパネルのサイズもかなり大きい。
能力は私が計画しているものの30倍はありそうだ。
一番奥のパネルの角度がきついけど、敷地内に無理矢理納めるめだろう。なんという念の入れよう。電柱も8本くらい立ってる。


<8>
R1110723.jpg
こっちは敷地に形に合わせたのではなく、南を向くようにしたんだろうな。デッドスペースが大きくてちょっともったいない気もするけど、この方が効率がよいと判断したのかもしれない。
初期費用を抑えて、長期の効率で補う方法もあるわけか。

<9> 
R1110727.jpg
団地の造成かと思ったら、太陽光らしい。
どんな規模になるんだ。

<10>
R1110726.jpg
<9>の画像を撮っていて、ふと横を見るとここにも太陽光。柱も桁もすごく太い。
この看板をよく見かける。専門業者が土地を借りてやってるのかな。

<11>
R1110758.jpg
<4>と同じ足場用の鋼管で組んである。 ここもかなりの規模だ。
同じ会社の発電所だと思う。

工法観察その2へつづく



関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。