4度目の除草作業

5/24
20180524.jpg

草刈りから1週間とたっていないけど、梅雨が迫ってきた。

6月上旬からの梅雨入り予想していたのだけど、翌々日から雨予報。梅雨入りが早まるか?

今しかない、明日では除草剤は効かないだろう。 雨の前に中一日おきたい。

現地に行くと、刈った草がもう5cmほども伸びているではないか。
恐ろしい生命力だ。

濃度は薄めにした。 あさってからの雨で効き目が心配ではあったのだけど一気に枯らすよりゆっくり枯らしたかった。

一気に枯れて地面の吸水力が低下するのが怖かった。


案の定 梅雨入りだった
 九州南部は5月26日ごろ 平年より5日早く 去年より11日も早かった。


除草剤を撒いて1週間ほどしても様子は変わらないから雨で流れたのかと思ったけど10日位すると少し変化が。
葉先がしなびている。その後、徐々に枯れ3週間くらいでずいぶん枯れた。理想の枯れ方だ。

6月末になると新しい雑草が急成長。 梅雨の晴れ間で成長したようだ。
そのおかげで発電量はいくらか挽回できたわけだけど。

カンカン照りになる前に刈っておかないと。刈るなら曇りか小雨が理想的。
強烈な日差しのなかでやると倒れそうになる。 雨合羽なんて着てられないから。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック