FC2ブログ

噴火による降灰今回はヒドイ

4/5 朝起きて外に出てみるとあたりが真っ白。

明け方に新燃岳が噴火してました。

5000mもの噴煙だったそうです。

急いで発電所へ行ってみるとすごい状況でした。
.
20180406a.jpg
まるでパウダーシュガーでもまぶしたかのよう
 
画像ではうっすらくらいに見えますがパネル表面はほとんど見えません。

20180406b.jpg
辺り一面真っ白なせいで、デジカメがピント合わせにとまどってます。

20180406d.jpg

さてどうしたものか。 

翌日は雨予報なのでほっとけば流れてくれるかなあ。

いやまてよお、明日の予報は降水量は僅かだった。 中途半端な雨で固着したら厄介だぞ。

今のうちにブロアーで吹いといたほうがよいかもしれない・・・幸い電気は引いてるし。 

急いで準備するワケですよ。 延長コードをいくつもつないでブロアーを引っ張り出してね。

コードがぜんぜん足りなかったけど、届くところだけでもいいや。

さあはじめるぞとブロアーを手にしたとたん、雨が降り出した!

なんで?雨は明日やろ  思いっきり降ってくれればいいのに5分で止んでしまった・・・

表面はこんな状態に・・・ くっついちゃったよ。
20180406c.jpg

1時間ほどすると表面が乾いてきた。 少し風の強い日でした。

とりあえずブロアーをかけてみよう。

いくらか吹き飛ぶけど、ぜんぜんダメ。

そもそも安物ブロアーだから威力が足りない。 パネルに目一杯近づけても半分とれるかどうか。

せいぜい1列目か、片足をパネルにのっけて2列目がやっと。

20180406e.jpg
手前がブロアーかけたパネル。いくらかマシな程度。

ブロアーは諦めモップをかけてみよう。

20180406f.jpg
あんまり効果ないなあ。 風があったおかげでいくらか飛んでくれたけど。

1/3を残して諦めました。

で、拭いたパネルとそうでないパネルを比較してみると、やはり発電量に違いがあります。

曇りの夕方比較なので正確な値までは分かりませんが。



翌4/6

朝から雨の予報なので7:00に発電所にて待機。

ところが、待てども待てども雨は降らず・・・

9:00ころにぱらついてくるもあまりにも弱い。

もう待てない、表面は濡れてるから、とりあえずモップをやるだけやってみよう。 

張り付いた灰を剥がしておけば雨で流れるかもしれないし。

20180406g.jpg

しかし大変だ。モップを5、6回往復させないとフチにたまった灰が取れない。

20180406h.jpg
案の定だ。表面をこねくり回してるだけでどうにもならない。 

雨が降らずこのまま乾いたらむごたらしいことになりそう。

モップがけが終わるころになって、雨が強くなってきた! 良いタイミングだ。

10分くらいでやんだけど、結構流れたようだ。 乾いてみないとわからないけどね。


この日を逃していたら次の雨は1週間後。 大変だったけどやっといて良かった。



新燃岳から40km離れてるのにこんな状況ということは、都城とか高原町とかはもっとひどいはず。

みんなどうしてるんだろう、あきらめてほっといてるのかな。

今回は考えさせられたなあ。 たまたま暇だったからよかったけど。

雨と休みのタイミングが合うとは限らないからなあ。

井戸掘っといたほうがよいのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック