2017(H29) 年間発電量

発電を開始したのは2016の夏からなので一年を通した発電実績は2017が初となります。

当発電所の施設構成は 

 太陽電池パネル  SF170-S 288枚 48.96kw  
 パワコン オムロン KP55K3-SS-A 9台 49.5kw 

 --- データ 1 --- 各パワコンの発電量
201701^12a

グラフの折れ具合はどれも似た傾向。

12月のパワコン9がおかしいのは人為的ミスと思う。理由は前回に記録している。


 --- データ 2 --- 
201701^12c

データ1では微妙な違いは分からないけど、割合で比較すると違いが出ていることに気付く。

どのPCSも似たような割合ではあるけど、バラツキの幅が大きいものと少ないものがある。

6月のPCS1の割合が高くなっているが原因は分からない。
減っているのではなく増えているので問題ではないと思う。

PCS3と4がちょっと面白い。ねじれたグラフになってる。季節によるものだろうか。
2018もこんな傾向になるか注目しよう。

12月のPCS9のトラブルのおかげでグラフが台無しになってしまった。
割合の最大最小の差を比較していたのに。



 --- データ 3 --- 
201701^12b

一番大事なのが実発電。 電力量計(メーター)の値 × 売電単価 だから。
フロンティアモニター/HEMSはセンサーによって間接的に計測しているようなもの。

値は  パワコン合計 > 実発電 > HEMS の順。

九電のネット上で確認できるキレイライフプラスは締日が10もずれているので話にならないし、28日分とか33日分とかバラバラなので異常の発見にはつながりません。振り込み日と金額の確認には役に立ちますが。


 --- データ 4 --- 
201701^12d

10/23に年間シミュレーション値を越えました。


 --- データ 5 --- 
201701^12e



2017年は前半好調でした。5月が予想を大きく越え、一気に落ち込むはずの6月が意外に頑張ってくれました。 秋以降は急ブレーキがかかり10月は予想より1割も下回りました。 1年中好調とはさすがにいかないようです。

ただトータルでは予想の1.18倍なのでかなりよかったと思うべきですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック