2017台風18号接近中

九州に大型の台風が接近中。

九州に接近する台風は8月6日ごろの5号以来。

今回の台風18号、一旦大陸に上陸した後、日本に向かうと予想されていました。

陸に上がると勢力は弱まるのが普通なので、それほど危機感は持っていませんでした。

ところが、ほとんど海上を進む進路に変わり、九州に直接向かうようです。

しかも海面温度は高いままで、台風に湿った空気が供給され続け、勢力は衰えないようです。

5号は拍子抜けだったのですが、18号は上陸するものとしては近年まれにみる勢力のようです。


 9/15 6:00の予報
5日進路予想
20170915tai18a.jpg

72時間予想
20170915tai18b.jpg

15日、16日は 940hpa と超強力。 瞬間最大65m/s これが直撃したら 何かしらの被害は避けられないのではないだろうか。


 9/15 18:00の予報
5日進路予想
20170915tai18c.jpg

72時間予報
20170915tai18d.jpg

16日の18時に950hpaの予報。 940hpaから少しだけ弱くなるみたい。
だけど風速は65m/sと変わってない。

950hpaくらいは一度経験しておきたいところだけど、ちょっと怖い。

9/16 6:00の予報
5日進路予想
20170915tai18e.jpg

72時間予報
20170915tai18f.jpg

九州上陸直前の明日17日6時で950hpa 上陸すると少しは弱くなるだろうか。


9/16 16:00の予報
24時間予報
20170915tai18g.jpg
えびの市 小林市直撃のコースだ。 綾町は小林市の隣だからほぼ直撃すると思われる。
綾町に最も接近するのが明日17日の10:00ころで965~970hpa 風速30 最大50
発電をはじめて一番の危機かも

時速は35km/hと結構早い。正午には延岡市附近に抜けそう。


9/16 23:00の予報
72時間予報
20170915tai18h.jpg

24時間予報
20170915tai18i.jpg

えびの市から小林市、さらに綾町へと、どんどん東寄りになってきた。
これは直撃だな。


9/17 6:00の予報
72時間予報
20170915tai18j.jpg

24時間予報
20170915tai18k.jpg

上陸前に970hpまで衰えてる。 でも綾町付近を直撃しそう。 それともさらに東へ行くか。


9/17 16:00の予報
72時間予報
20170915tai18l.jpg

24時間予報
20170915tai18m.jpg

朝9:00から現地で待機していたんだけど、たいした事なかった。
来るぞ来るぞと身構えてたんだけど11:30頃風雨が強くなり12:00頃には収まる。
進路をみると台風まっただ中のはずなのに、13:00にはなんと無風。

もしかしたらこれから強くなるかもしれないと15:00まで待つも晴れてきた。

5号と同じ感じ・・・でも何事もなかったわけだからヨシとするべきか。


宮崎地方気象台の発表
平成29年台風第18号に関する宮崎県気象情報 
<雨の実況>
 9月15日03時から17日21時までの総降水量(アメダス速報値)
 宮崎市田野    606.0ミリ
 宮崎空港     511.0ミリ
 美郷町神門    462.5ミリ
 延岡市北方    439.0ミリ
 日南市深瀬    402.5ミリ
 宮崎市霧島    400.0ミリ

<風の実況>
 15日00時から17日21時までの最大瞬間風速と最大風速(アメダスによる速報値 単位:メートル)

 宮崎空港
     最大瞬間風速 27.8  南東 17日11時35分
     最大風速 21.3  南東 17日11時43分
 えびの市加久藤
     最大瞬間風速 26.5   北 17日13時12分
     最大風速 14.6 北北西 17日13時17分
 延岡市天神小路
     最大瞬間風速 28.7 北北西 17日16時04分
     最大風速 14.7 北北西 17日16時05分
 宮崎市霧島
     最大瞬間風速 25.1  南東 17日11時48分
     最大風速 14.5 東南東 17日11時57分 


宮崎市の場合、いつも空港が大きな値になります。
この中で発電所に一番近いのは霧島町 25.1
瞬間ですら30s/m行かなかったんだなあ。

雨が多く降ったみたい。
ただ、一度に降ったわけではなく、数日間に分けて降ったので
そんなにひどい雨とは感じなかった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです。去年の台風中継以来ですね
こんばんは

今回の18号、ブログを拝見するに
危惧されていたほどでなく、本当に良かったです。

 発電量も、過積載でないにもかかわらずかなり良い数字だと思います。

 
ps.私の最終案件の茨城県鹿嶋市案件はまだまだ動きません。逆潮流対策でもう3年近く待っています!!
(みなし認定の絡みで、最近東電が概算連携負担金をようやく出してくれて、もちろん変わる可能性はありますが、60万以下だったのでちょっとだけ安心しました)
No title
トリプルGさん お久しぶりです。お気遣いありがとうございます。
今回の台風は雨台風みたいですね。大雨を降らせた雨雲は鹿児島県から大分県に飛んだみたいです。降るには降ったんですが、被害がでたのはかなり限定された場所でした。
発電のほうはおかげさまで順調です。過積載も考えたんですが予算がないし、業者が不可でした。聞いてみると、PCSを減らして過積載したSF発電所で大きな抑制がかかったそうで。
よく発電してくれるのはうれしいんですが、快晴の日は、パワコンどころか電線までも触れるとかなりの高温で怖いです。抑制が起きるんじゃないかと心配しているところです。

3年も待ってるんですか・・・九州ならまだしも関東でもそんなところがあるんですね。
早くしてもらわないと気が気じゃないでしょう。制度とか状況が変わりやすい雰囲気だけに。
知らなかったんですが茨城県はよく発電する地域みたいですね。開始が遅い分、終了もスライドしますしね。早かった人とは5、6年差がつくんじゃないでしょうか。貴重な発電所になるかも?笑
No title
こんばんは

 ケーブルが熱いのは、もしかすると線の太さが影響するとか聞いたことがあります。

 そうなのです、関東で茨城は群馬と並び結構太陽光にはとてもいい立地です。
 買取価格さえ変わらなければ、松野は全然かまわないのですが、パネルが廃番になると、同メーカーの効率の良いパネルが使えるのでラッキーと思っていたら、今回の改正で3kw又は3%超申請時よりパネル容量が増えると、
買取価格アウト(現行価格に!!)なので、パネル枚数を減らして対応したり、変更届が必要になったりで余計遅くなりそうです。

 ただ、確かに良い面もあって、このまま、あと数年遅れれば、年金繰下げ(5年で42%増)を狙うことが、可能になるので、それはそれでお得かもとも思っています(笑)

 
No title
トリプルGさん
深い!年金のことまで。深いですね~
たしか老齢年金は納めた額で支給額が変わると聞いた事があります。厚生年金を太陽光で多く納めておきますか(笑

うちの片親は労働組合のある会社にいてそのあたりしっかりしたところだったんですが、支給2年で死んでしまいました。
それを見たもう片親は支給開始は5年を諦め、2年で開始しました。
この時はじめて受け取り時期を選択出来ることを知りました。
こうしてみると、退職またはリタイアして年金支給までの穴を埋めるどころか、延長して割り増し年金まで可能にするワケですから、太陽光はすごいですね。
こりゃ~病気できませんね 笑

私の場合、そこまで考えてなくて仕事で道具代とか経費代をまかないたくてはじました。今はソフトウェアとか事務機だけで200万以上かかるんです。OS問題で数年先には入れ替えなくてはなりません。今は返済と税金でほとんど残りませんが、それでも毎月間違いなく入金されると、こんなに気持ちが楽になれるものなんだ、なんて実感しています。

管理者のみに表示

トラックバック