5月のパネル清掃

5月に入って冴えない天気が続いています。
どうせ降るならおもいっきり降ってほしいんですが、まとまった雨がなかなか来ません。
たくさん降ってくれないと汚れが流れにくいんです。

先日、季節外れの黄砂がやって来たとニュースになってましたね。
それに花粉も相変わらずです。杉花粉だけじゃないんです。
槇とか松とかも杉に負けないくらい大量の花粉を放出します。

鳥のフンは少なかったのですが、フンに含まれる油分は相変わらこびりついています。
でも発電に支障はないでしょう。

ホームセンターで買ったモップに竹を付けてるんですが、長さがイマイチだったので交換してみました。

竹林はいくらでもあります。狙い目なのが河川敷。
河川敷なら誰かの所有地じゃありません。
国とか自治体の管理なのでホントはいけないんでしょうが、厄介な竹を一、二本いただくくらいなら何も言わないでしょう。
地元の人なんかがタケノコ採りをするような場所ですし。

タケノコの段階で伐採する事ってすごく重要なんだそうです。
ほっといたら密林化して、大型重機のハンマーナイフとかチョッパーとかで、伐採と同時に粉々にしないと処理できません。

竹問題って九州では結構深刻なんだって。
高齢化とかで放置されることが多く、処理が繁殖力に追いつかないそうです。

雑木林とか山の竹を取るのは止めたほうがいいですね。ほとんど誰かの所有ですから。
どうせ邪魔だから好きなだけもってけっ、て人もいますが、厄介な竹であっても勝手に切られたらいい気分はしないでしょう。


5/8 おもいっきり長めに切ってみました。念のため2本。
車の屋根に無理やり縛り付けて運びました。
20170510a.jpg

割れ防止とモップが抜けないように節のところで切るんですが、一節長くするだけでかなり太くなってしまいます。

細く、長く、まっすぐと三拍子そろった竹はなかなかないですね。
あと青竹だからかなり重い。
少し長めにしておいて乾燥してから長さを調節することにします。
やせてモップが抜けても困るしね。

節のでっぱりが鋭く手が痛くなりそう。 
ナタで削って滑らかに。これが結構面倒な作業でした。
久しぶりにナタを使ったけど、おっかなびっくり。

5/9 ようやくまとまった雨がきました。
20170510b.jpg

汚れはパネルのフチにかなり固着しています。
雨の日とはいえ、モップでなでる程度では落ちないですね。
ま、完全にきれいにするつもりはありません。ソコソコきれいにする程度で十分。

モップは水を含むと重いので力を入れる必要はないです。

この日は肌寒いくらいだったので、カッパ着ても暑くないのがよかった。
でもこれからはカッパなんて着ていられないだろうな。


次は除草作業だ。
例年だと早ければ5月末には梅雨入りとなります。
一~二週間前には除草剤を撒きたいな。
梅雨前の除草剤はすごく大事。梅雨に入ってしまったら薬が効かないから。
このころの雑草の伸びは脅威的ですからね。
来週あたりから晴天の続く日をチェックしておかないと。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック