草刈り機について

今使ってる草刈機(刈払機)は10年くらい前に仕事用として買ったものです。
刈払機がほんとの名前なんでしょうが、どうもこの呼び方が好きじゃなくて草刈機と呼んでます。

自腹でした。
草刈りなんて縁のない仕事だったし、私の段取りミスだったので会社に買ってくれとは言えませんでした。

丸山製作所という農機具のメーカー。聞いた事もなかったですね。
BIG-Mという機種でホームセンター向けの商品だそうです。
たしか2万くらいだった。痛い出費だったなー
2017karibaraib.jpg
初めてエンジンをかけたときは、ケガするんじゃないかとおっかなびっくり。

この草刈機、親の残した荒れ地の草刈に役に立つことになります。
当時、まさかこの土地で太陽光をやることになるとは思ってもみませんでした。

初めはばっさばっさと刈れて素人がいい加減にやる分には十分だったんですけどね。
使っているうちに物足りなさを感じるようになります。

草刈機なんてどれも一緒だろうと思っていたんですが、いろんなバリエーションがあるんですね。

私のは20ccの排気量です。これはかなり小さいそうです。最小じゃないかな。
燃費はいいんです。燃料3Lあれば1年分は十分です。

でもね、チップソーが石とか堅いものに当たると切れ味が悪くなります。
そうなると回転を上げないと切れないんですよね。特に柔らかい草が。
回転を上げると燃費は悪化します。

まあ、燃費はしれたものなので気になりませんが、切れ味は重要です。

ナイロンカッターはヒモを叩きつけて刈るタイプだから、回転の勢いが重要。
さらに高回転にする必要があります。

回転を上げるとうるさいし、排気ガスが出て臭い。
高回転で使い続けると安物の草刈機は故障するのも早いんじゃないでしょうか。


あとチップソーの径が小さい。
小排気量なので大径のチップソーは負担があるのだと思います。

径が小さいため一度に刈れる幅が15cmくらいしかありません。
きれいに刈ろうと思ったら10cmくらいずつ前進しないとだめですね。
そうなると、時間がかかってじれったくなります。


近所の農家の人が刈っているのを見ると明らかに違いがあります。
まず静か。けっしてフルスロットルでは使ってません。
あと回転音かすごく滑らかなんですよね。
やっぱプロ用は違うのかな。大事に使ってるのもあるでしょう。

私のは、バタバタといかにも安物っぽい音です。


2017karibaraia.jpg
 左が255mmの大径タイプ。試しに買ったけどまだ使ってません。1枚450円。
 真ん中がいつも使ってる230mm。2枚で600円
 右ががナイロンカッター。 1000円しなかったと思う。 ナイロンひもは取替式。

ナイロンカッターの時に低排気量のパワー不足を感じます。
うっそうと茂った雑草に当てるとすぐに回転が落ちてしまうのです。
回転が落ちるとまったくダメなのがナイロンカッター。

低排気量はパワー不足、回転不足になりやすいです。


今のが少し調子が悪いんですよね。
次買うなら、「エンジンの回転数は低く、しかし刃の回転は速い」
そんな機種があるのか分かりませんが、せめて排気量は25ccはあったほうがよさそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック