FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年初の除草作業

201703a.jpg

なたね梅雨がやってくる前に除草剤を撒いておきたかったのですが放置状態でした。
本当は伸びが加速する前に軽く除草剤をまいておきたいところです。

3月を過ぎると雨の度に成長が加速します。
今年は暖かくなるのが遅く、伸びが遅くて助かりました。
桜の開花もいく分遅いようですね。

その年最初の除草剤は、伸びた雑草を枯らすのではなく、勢いを弱めることが目的です。

除草剤は雨の降る最低三日前には撒かないと効き目がないです。
特にうすめに希釈する場合は三日前~一週間前には撒きたいところです。
でも空いた時間とタイミングが合わないことも多いんですよね。
私など車で30分の距離でしかないんですけど、それでもね。

雨の直前に撒くなら濃度を高めれば効くこともありますが、雨で隣地へ流れ込ませたくありません。

私の場合、除草剤と草刈りを交互、もしくは、除草剤一回につき草刈り二回です。

除草剤の使いすぎは禁物。土が荒れます。
表土がむき出しになるとカチカチに固まって雨水を吸収しなくなります。
去年、発電を開始したあとに大雨が降ったのですが、敷地内は川状態。
工事直後だったため土がむき出しだったのです。

長靴でないと場内に入れませんでした。
靴の裏には泥がべったりくっついて、いろんなところを汚してしまいました。
車で入ろうものならえらいことになったでしょう。


除草作業はこまめにやると後が楽になります。
また、その年最初の除草作業はすごく大事。今後に影響するから。

定期的にやることで、その季節特有の雑草が限定されるから乱立を防ぎます。
背の高いの低いのや、堅いの柔らかいのがごちゃ混ぜになると厄介この上ない。
また、カヤ系のような細いくせに高く伸びる雑草は雨や風で倒れやすくなります。
倒れると刈るのに骨が折れます。

回数は多くなるけど、作業そのものは楽になるんです。
柔らかいうちに刈ることになるから、刃はナイロンカッターだけで済ませることができます。


3/10 そんなに伸びていませんでしたが、菜の花だけが1mを越えています。
201703b.jpg

1週間前は50~60cmだったのに、花まで咲いてるではありませんか。
少ないからまあいいかァなどと放っておくとえらいことになるのです。

セイタカアワダチソウとこの菜の花は極悪です。 まず繁殖力がすごい。
茎が太く、刈れると木のように堅くなります。
菜の花の根本はこんなです。
201703d.jpg

これも菜の花の系統だと思われます。
201703c.jpg
直径6cmはありそう。 ナイロンカッターではびくともしません。

手で抜けるのもありましたが、草刈り機でないともうムリでした。
茎が堅くなると刈り倒しても朽ち果てないから次の作業の邪魔になるんですよ。
切り株も堅いから、根本からしっかり刈らないとつまずいたり。

綺麗に整地しておけばよかったかなあ~でも予算的に限界だった・・・
石が表面に飛びでてるから刈りにくいったらありゃしない。

他の雑草がおとなしくしてるあいだに三ツ葉がワサっと。
201703f.jpg
しかし、菜の花はこんなのをモロともせず生えてきます。
他の雑草も結構混ざってるから、よりわけて三ツ葉だけ残すのは面倒。
だいいち、膝の高さまで伸びるからやっぱり邪魔。
今回は残したけど、そのうち除草することになるでしょう。


3/21除草剤散布。画像はその一週間後。
201703e.jpg
そんなに生えてないじゃんと思うでしょう。でも油断は禁物。
今回はかなり薄く希釈したので、枯れ始めるのに一週間ほどかかりました。
ちょうどいい感じの枯れ具合。


予算がなくて、防草シートや採石敷きはできませんでした。
今ではそれでよかったと思っています。
草刈りのために、発電所へ行かなくてはならないという気持ちになるから。

それに、太陽光発電は電気を収穫する農業だと考えてるので。
手を抜いたらお天とさんのバチが当たります(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。