CIS系薄膜太陽電池サブモジュールで世界最高変換効率19.2%を達成

なんのことだかよく分からないけど、開発はしてるようです。


CIS系薄膜太陽電池サブモジュールで世界最高変換効率19.2%を達成

 -発電コスト目標14円/kWhの実現に大きく前進-     2017年2月27日

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
 ソーラーフロンティア株式会社

NEDOとソーラーフロンティア(株)は、CIS系薄膜太陽電池サブモジュール(30cm角)で、世界最高変換効率19.2%を達成しました。今回の成果は、光吸収層における製膜プロセスの改良による品質改善やバッファ層の変更等の技術により達成されたものであり、NEDOが掲げる発電コスト目標2020年に14円/kWhの実現に向けて大きく前進するものです。

20170227a.jpg

実際に製品化されるのは変換効率19.2%ではなく14~15%くらいなのかな。
19.8%なんてのはたぶん10年以上先じゃないかな。


国富工場を見学したときの説明では、ソーラーフロンティアのモジュールは製品として誕生して以降、中身ほとんど変わっていないみたいな説明でした。

これまでの性能の向上は、あくまでも「製作工程の工夫」なんだとか。

新技術とかではなくて、製造するときの化合物の割合を少しずつ変えてみたり、薄膜の貼り付けだか吹きつけだかの温度を微妙に変えたりしたとか言っていました。たしか温度管理が重要みたいなこと言ってたなあ。

その時受けた印象は、SFの製品は劇的に性能が上がるようなものではなさそう~というものでした。

性能よりコストを目指してるんでしょう。ここ数年で2割くらい落とす計画じゃなかったっけ。

私は最高の性能&高価格ではなく、ソコソコの性能とソコソコの価格でいいと思ってます。


現在の主力製品はSF170で国富工場、新型がSF175で宮城工場。

この宮城工場は製造工程を一気に短縮してコストを下げるための試験的な工場らしいですね。

パネルがもう少し下がってくれないと新興国のメーカーと渡り合うのは難しいんじゃないかな。

あと心配なのは重量。 熊本の地震で被害を受けた建物は瓦屋根が多かったようです。

重いSFはこの点が不利なんですよね~

重い屋根にさらに重い物を載せるってことを軽く考えちゃダメですね。


SFは去年の業績はあまりよくなかったみたいです。
だいたい2年前のフル操業の時ですからそんなに儲かってなかったようですし、それだけコスト競争が激しいんでしょう。

総合家電メーカーと違ってってこれしかないから、頑張ってもらわないとね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック