FC2ブログ

2018(H30) 9月の発電量

●各パワコンの発電量(Kwh) 9月1日~9月30日 30日分
        9月
パワコン1  507 
パワコン2  514
パワコン3  458
パワコン4  476
パワコン5  502
パワコン6  490
パワコン7  500
パワコン8  505
パワコン9  464      パワコン合計  4416 Kwh


●フロンティアモニター(HEMS)に表示された発電量  4345Kwh

●電力計の発電量< 実発電量 > 4404 Kwh   一日平均 146.8kwh (30日)

●1アールあたりの電気収穫量 440.4 kwh     (敷地 約10アール)

●九電の電力量確認票(キレイライフプラス) 5374 Kwh 8/22~9/19 (29日分)

シミュレーション 5022 Kwh     
  

パワコン9台合計    4416 Kwh 
モニター(HEMS)    4345 Kwh
メータ値< 実発電量 > 4404 Kwh
1aあたりの収穫量   440.4 kwh
キレイライフプラス   5374 kwh


実発電量4404kwhを電池容量48.96kwで除すると、1kwあたりの発電量は89.95kwh


201809a.gif
201809b.gif
日没画像はなし
予報では日の出 6:07 日の入り 18:01 日没がすごい勢いで早くなってる。



去年の9月も悪かったけど、今年はさらに悪い。しかも大幅に。
からりと晴れる秋空はまったくなかった。 大型台風もあったし・・・
スポンサーサイト

2018台風24号接近中

今年は台風の当たり年。 ただ宮崎への影響はこれまでほとんどなかった。

しかし今接近中の24号は危なそうだ。


9/25 18:00 の予報
20180925tai24a.gif
20180925tai24b.gif
915~925hpaとこの時点ではものすごい勢力。
予報では勢力はあまり衰えないということだった。


9/26 15:00 の予報
20180926tai24a.gif
20180926tai24b.gif
九州上陸濃厚 
森田正光さんの解説では、あまりぶれず、予報通りの進路になりそうだと言っていた。
かなりまずい状況


9/27 15:00 の予報
20180927tai24a.gif
20180927tai24b.gif
ほんの少しだけど宮崎沖になってる。 しかし直撃も同然。
接近時は950hpa~960hpaか。 もし950hpaだったらかなりの被害がでそう。


9/28 18:00 の予報
20180928tai24a.gif
20180928tai24b.gif
宮崎に接近するときの勢力はなんと945hpaとの予報!
平成に入ってこんな勢力があった記憶がない。 
平成5年ころに大きな被害がでた台風があったけど、たしか950hpaじゃなかったか。

発電所が完成して3度目の夏。ここまでの台風は経験していない。

進路も勢力も予報通りなんだろうか。 こんなに涼しいんだから衰えそうなものだけど。
予報によると海水温が下がらないらしい。

上陸すれば弱まるのが普通だけど、海上を行くと栄養源である湿った空気が供給させ続け衰えにくい。
西日本は大きな被害がでそうだ。

何事もないことを祈るしかない。


9/29 17:00 の予報
20180929tai24a.gif
20180929tai24b.gif

少しだけ東寄りの進路になってるのかな、いやほとんど変わんないか。
しかし29日は950hpaなのに、最接近する30日はなぜか940hpaに発達する予報!

海上を行くせいで衰えないのは分かるけど発達するとは。

宮崎市内から若干それているようにみえるけど、台風の目は80㎞くらいあるから直撃も同然か。
さっきから携帯に避難準備警報がじゃんじゃん入ってくるし、役場の広報車も走り回ってる。


太陽光発電所の台風対策って何ができるんだろう。
まさか網をかけるわけにはいかないし、水害とか土砂崩れ対策なんて限界がある。

しかし940hpaなんて巨大台風がやってくる現実。
あまり被害が大きいようだと事後であっても対策を義務付けられるかもしれないなあ。



10/03追記

<風の実況>平成30年9月30日23時09分 宮崎地方気象台発表
9月28日00時から30日23時までの最大瞬間風速と最大風速
                (アメダスによる速報値 単位:メートル)
 西都
   最大瞬間風速 41.3   北 30日11時54分
      最大風速 21.8   北 30日12時06分
 宮崎市田野
   最大瞬間風速 40.8   北 30日10時54分
      最大風速 22.9 北北東 30日11時03分
 宮崎空港
   最大瞬間風速 40.1  北東 30日10時47分
      最大風速 29.7  北東 30日10時52分
 延岡市古江
   最大瞬間風速 38.6   北 30日13時37分
      最大風速 21.5   北 30日13時32分
 宮崎市 霧島
   最大瞬間風速 37.9 北北東 30日11時01分
      最大風速 23.4 北北東 30日11時02分

<雨の実況>
9月28日15時から30日23時までの総降水量(アメダス速報値)
 美郷町神門  442.0ミリ
 宮崎市田野  420.5ミリ
 西米良     364.0ミリ
 都農       356.0ミリ
 諸塚       355.5ミリ

   

20181003tai24a.gif
気象台の発表によると、最大瞬間風速は西都市と田野町で40m/s越え。

当発電所のある綾町は西都の南、田野の北側にあるのでおそらく40mはあったと思う。

現地いたけど、爆風というか衝撃波のような風がドーンとやってくる度に、施設を確認に出た。

そんな風が3時間も続いたのだった。 秒速40mだから時速150kmだ! あー怖かった。

画像を見ての通り北側からの風だったので特に不安だった。



20181003tai24b.gif

思いのほか宮崎から離れていたようだ。 

950hpaだったのか、940の予報だったけど。

今回の台風、ちょっとした自信になったのだけど、もし直撃だったり、もっと大きな勢力だったら・・・・

2018(H30) 8月の発電量

●各パワコンの発電量(Kwh) 8月1日~8月31日 31日分
        8月
パワコン1  749 
パワコン2  761
パワコン3  678
パワコン4  704
パワコン5  744
パワコン6  728
パワコン7  741
パワコン8  749
パワコン9  689      パワコン合計  6543 Kwh


●フロンティアモニター(HEMS)に表示された発電量  6435Kwh

●電力計の発電量< 実発電量 > 6528 Kwh   一日平均 210.58kwh (31日)

●1アールあたりの電気収穫量 652.8 kwh 
    (敷地 約10アール)

●九電の電力量確認票(キレイライフプラス) 6558 Kwh 7/20~8/21 (33日分)

●シミュレーション 5747 Kwh     
  

パワコン9台合計    6543 Kwh 
モニター(HEMS)    6435 Kwh
メータ値< 実発電量 > 6528 Kwh
1aあたりの収穫量   652.8 kwh
キレイライフプラス   6558 kwh


実発電量6528kwhを電池容量48.96kwで除すると、1kwあたりの発電量は133.33kwh


201808a.gif
201808b.gif
201808c.jpg
8/31の日没画像。 18:25  久しぶりに撮れた。どんどん南よりに沈んでる。
予報では日の出 5:49 日の入り 18:40 1ヶ月前より32分も日没が早くなってる。


猛烈な暑さのせいだろう、今年の8月は特に伸びない。
気温が上がると空気中に含まれる水蒸気は増える。
よく発電するはずの南中時に空が霞んでしまう。

夏らしい青空はほとんどなく、暑さと湿度のダブルパンチ。
いや台風の当たり年のせいでトリプルパンチか。
どうも今年はかなり悪そうだ。



日没画像は雨のため撮影できず。